不動産投資の費用

不動産投資をはじめようとお考えの方は、いくらぐらい費用があればできるのか心配だと思います、一般的な不動産投資だとどれ位かかるのでしょうか

不動産投資のカタチ

不動産投資の費用

最近ではサラリーマンの方でも不動産投資をはじめたいという方がいますが、一体どれ位の費用がかかるのか、不動産投資にあんまり興味が無い方も気になると思います。

土地や建物などの不動産物件をお持ちの方とそうでない方では初期費用が変わってくるもののだいたいどれ位の費用があれば不動産投資をはじめることができるのでしょうか。

不動産によっても違いますが、賃貸物件などで銀行からローンを借りてまずははじめる場合でも、だいたい自己資金が400万円から500万円あるとはじめることが可能です。

不動産投資のGlobal Homes等を通じてマンションなどの物件を1つ購入して人に賃貸するばあいですが、3000万円位の物件を購入するにもいくらか現金が無いと銀行もお金をかしてくれないからです。

もちろん、東京で土地を購入したり、ビルを購入したりと不動産の価格によっても不動産投資の費用はかわってきますが、大きな物件になれば、自己資金が数億円かかるというのも不動産では珍しくありません。

土地や建物など不動産物件を持っている場合はちょっと違います。

業者によってはこのような土地建物のオーナー向けの不動産投資物件を販売する専門店などもあるのです。

建物を建てたらかならず入居者がいるような土地を探してきて、ココに建物を建てれば必ず利益が出る事を説明します。

不動産オーナーがOKすればそこに建物を建てることになりますがその費用は土地オーナーがもちろん負担します。

しかし、その土地を20年とか30年単位で一括借り上げするので、建物の費用はかなり抑えられます。

不動産オーナーには毎月賃貸料が入るという仕組みです。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加